お探しの情報は見つかりましたか?

練り香水ランキングで人気が有る物と云うと、やっぱりロクシタンじゃないだろうか。
ランキングに入るのでも把握できる様に、練り香水の代名詞とも云える位超有名に為っているブランドである。
練り香水はミツロウやワセリンに香り付けをしてワックスの様に固めた香水に成る。
液体香水とちがってアルコールが使用されていない為、初めにつけた時にツンとしたきつい感覚がしないのが人気である。
また、香りの強さが練り香水はそのようなにつ良くない為、周りの実感をあまり気にしないで使用する事が出きるのである。

香水をつけた時も同じ様にリフレッシュ効果がでるとおもうのである。
どのような効果かと云うと、元気になりたいなと云う時はフルーツ系の香り、スパイスが効いている様な香りを嗅ぐとその効果がでると云われているし、息抜きしたいなと云う時は、ハーブ系やフローラル系の香りが良いと云われている。
また、苛立った気持ちを鎮める時にはウッディ系の香りも良いと云われているのである。
その日の体調や気持ちに合わせて香水を使い分けると多種多様な効果が実感出きるとおもう。

二十世紀初頭の頃、香水と云うのは既に有ったそうであるが1つの鼻を原材料にした物、その使い道も体臭をごまかす物と云う意味合いが強かったそうである。
そのような使い方に承知がいかなかったのがココ・シャネルである。
シャネルの考え方は[香水は綺麗に香る物][香りはファッションの一部][香りを入れてファッションは完成する]と云う[エレガンス]を基調にして調香師に依頼をしたそうである。

また、初めは香水(パルファム)を買い付けるのではなく、コロンやトワレ等、少し軽めの物からはじめると良いものである。
近頃練り香水と云う様な物も発売されている。
香りも軽いものであるし、少量で長持ちするのでおすすめである。
香水を売っている所に足を運ぶと、初めてのケースの場合はプチ・サンボンをおすすめされるケースの場合が少なくない様である為、1度試してみると良いかも知れない。



カテゴリ
タグ